2016年03月30日

そろそろ疲れて来た

先週の日曜日に出勤して(ボクの教育係のOBoさんも巻き添え出勤で)
膨大な量の図面訂正を進めたのですが終わらず、翌日の月曜日に一日訂正するも終わらず。
なんかこの辺で曜日感覚が無くなってきた。

火曜日も訂正を続けてたら、ボクが設計担当した物件の工事が今週から始まっていたので、
その問い合わせ・不具合・変更などの手配に追われて全然図面が進まない。
中でも、もうサッシ取付工事が2日目の現場から
「内部建具の木製引戸をアルミ引戸に変更したい」っていうのがあって、
内部建具の引戸なんか設計したこと無いし、もう工事入ってるから納期ないし、途方に暮れた。
そして営業のARさんが今訂正している図面の更に変更図面を持ってきた。
訂正中にさらに変更とかもう、ね。中身見ないで横に置いた。
極め付けは「部材が足りない」という現場からの連絡。
つまり、ボクの図面ミスによって必要部材が手配されてないというのです。もうアタママワラナイヨ。
…やらなければいけないことが多すぎて気持ち悪い。

そんなんで今日水曜日ですか? かろうじて出勤前15分に「燃えるゴミの日」に気が付いて
ゴミまとめて慌てて家を出た。
今日もアレの手配とアレの手配とアレの検討とまだまだ終わらない図面訂正。
工事課のYOさんには怒られるし、なんか頭がボーっとして目がうつろ(になっていたでしょうワカランけど)。
なんかこの仕事、向いてないのかなぁ? 
さっぱり手際よく回せないし、半年経っても分からないことだらけで疲れた。
お金を稼ぐって大変なんだな。しかも儲かってる会社だから尚更なのかも知れないな。
ベテラン社員同士が仕事の打合せなんかしているのが聞こえても何について話してるのかサッパリ分からんし。
そうは言っても別に出来る仕事のあては無いからいちいち気にしてもどうにもならないのだけれども。

あぁ、そうなんです別に出来る仕事は無いのです。
同じ忙しさならば若い内にプログラマーになればよかったよ…アッチの方が仕事だとしても好きになれたのに。
でもこんなぐらいでヘタレていたらプログラマーも出来ないですかね?
とにかく今度の週末の休日が待ち遠しい…時間を気にせず寝たいです。




40代サラリーマン ブログランキングへ
posted by sogen at 23:29| Comment(2) | 就職した会社のこと

2016年03月24日

仕事でミスで凹む

仕事で失敗した。

先週、現場監督から「○○のサッシ製作してると思うけど、ストップ掛けてくれないか? 」と言われて、
どういうことかと思ったら「w寸法を100mm切り詰められるか? 」と聞かれて、
ボクには出来るものか分からないので、分かる人に聞いてからメールで返事するということにした。
業務のHI部長に聞いたら「出来る」とのことだったので、早速メールで「弊社工場で対応します」と送った。
その後、納期も余裕が無いから工場の人に「100mm切り詰めて下さい」と指示を出した。

今朝、工場の人が切り詰めすると言っていたので一安心していたら、午後に現場監督から電話があって、
「切り詰めは無し」と言われた。

「えぇ?! 今日切り詰めてしまいましたけど…」

「何? 切り詰めるかどうかまだ決まって無かったのになんで勝手に切り詰めてるんだよ?! 」

「ア、イヤ、切り詰められるかと言われたので切り詰めたんですけど…」

「まだ決定してなかったのに勝手なことするな!! どうするんだ?! 」

「ア…イヤ、どうにも…」

「どうするんだよ?! 間に合わないぞ? 知らないぞ?! 」

「…すみませんこちらで対応しますので。」

「知らないぞ?! 勝手なことして。」

「…こちらで対応致しますから。」

ゼネコンてヤクザだよ。怖いよ。なんなんだよ。
そりゃ「ストップ出来るか? 」に掛かってくれば、未決定なんでしょうけど、
「切り詰め出来るか」に掛かって来ればGOじゃないですか。ボクが悪いんですか?
結局、工場の人MIさんに本日の切り詰め作業が全くムダだったことをお詫びし、
HI部長には再手配とお詫びをし、納期管理をしている工事のYO次長には経緯とお詫びを話し、
皆さんに多大な迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げる次第で、
ボクも相当凹みました。ゴメンお役に立てずにむしろ面倒を作ってしまって、という気持ちで。



そんな日の夜、次の日に実測行く物件の図面の整理をしていたら、
すぐにでも訂正しなければいけないブ厚い図面を発見した。
オカシイな…こんな図面があったのをすっかり忘れて1週間以上放置してしまっていたとか。
もう午後7時半も回って今更どうにもならないから冷や汗かきながら仕舞って帰って来た。
明日、ボクの教育係であるOBoさんに侘びて相談するしかない。もう今日は疲れたです。




40代サラリーマン ブログランキングへ
posted by sogen at 23:19| Comment(6) | 就職した会社のこと

2016年03月22日

園児卒園と60歳が新入社員と

ご無沙汰。
特に忙しすぎてどうとかではないと思うのですけど、
坊が4月から小学校なのでか何かと環境の変化があるので、なのかも知れませんけど
あまり記事を書けていませんで、すみませんでした。
会社の方も事務所をOAフロアに張り替える工事とかで机や棚や全部移動するのは休日出勤でやったりとか、
それなりに気忙しい昨今でありました。



坊の方は保育園なので3月一杯までは預かってくれるのですけど、
卒園式は先日の3連休の初日にあり、それに出席しました。
卒園証書授与も泣けるけど、最後に子供たちが歌った「さよならぼくたちのほいくえん」の歌が
思いのほか、感動する旋律だったので、それがずっと頭の中を回っています。
なんだろう、「仰げば尊し」みたいな正統派の旋律を
年端もいかない園児が歌うっていうのに涙を覚えず、という感じです。
それに保育園の場合、父母の付き合いが親密なんですね。
立場としては共働きでみんな立場が近いからなのかも知れない。
なので卒園式の後の謝恩会でも2次会でも3次会でも、同級生の子のパパママと一緒に
いろいろな境遇や保育園の話や子供の話がプレーンに出来てよかった。



そして会社の方は連休中に来れる人は手伝いに来いとかで、
ボクも連休中日の日曜日に行って棚や資料・カタログなどの移動を手伝ったのですけど、
普段使わない筋肉を使わされて、今でも肩辺りの筋が痛いのです。
そして今日は中途の新入社員が設計課に入って来たのです。
と、言っても齢60歳のSAさんは業界経験者。ボクよりずっとこのサッシ業界に詳しい人です。
でもウチの会社の仕事の流れとか、会社の仕組みとか施設案内などは
設計課で一番ペーペーのボクが案内して。
ちゅか、SAさんが「タバコ吸いたいんですけど、どこで? 」みたいなことを言ったので
それをきっかけに会社の中を案内しつつ、タバコが吸える所を案内したんですけどね。
ボクは一応喫煙者(電子タバコ)なので気持ちが分かるからいつでも気兼ねなく吸えるように案内しましたが、
ボクが入社した時にタバコを吸わないエースOさんがボクにタバコ吸い場所を案内してくれたのは
今思えばエースOさんてものすごい気使いなんだなと、今知った。



そんな感じで仕事もプライベートも逡巡するヒマもなく動いています。




40代サラリーマン ブログランキングへ
posted by sogen at 23:52| Comment(2) | 就職した会社のこと