2016年07月20日

ようやく近況

相当のご無沙汰をしてしまいました。
それなりに読者のいるブログでもなんでもないし、
チラシの裏に書くようなグチがメインなブログなので責任感に乏しいんでしょうね。
自営業の時のブログはこんなに日を空けるなんて無かったから。
別に特別忙しかったりとか、あまりに平凡な日常で書くことがなかったりとかではなくて。
そこそこ忙しくなく、いろいろ仕事もあったのですけど、なんか文章を書くのをサボってました。



営業のSHさん(次長)は社内のムードメーカーで、
社内に居る時は始終周りの人を笑わせたりしているけど実は元現場監督の人
とにかく業界に精通しており、何やらせても出来る人であり、
なぜかこんな小さい会社の営業マンになっているのが不思議な人ですが、
仕事に対して厳しい人でもあります。
そう言った訳でSHさんは面白いけど、コワイ人です。

そんなSHさん担当物件がとうとうボクに回って来た。
細かいいきさつは省きますが、その図面納期について、ボクはSHさんに怒られた。
納期について相談しに行った訳ではないのですが、仕様についてSHさんに聞きに行ったら、

「sogenさんこれ15日に出すって言ってたけど○○さん(現場監督)に図面出したの? 」

「ハァ、15日(金曜日)に○○さんから電話が来たので『ちょっとチェックしたいので一日延ばして(それが三連休をはさんでいた)19日でお願いしたい』と言ったんですが…」

「何だよそれ?! この業界はな、自分がチェックしたいから1日くれとか言えるような業界じゃないんだよ!! 」

「…すみません。」

「そんなら休日に出てチェックするのが当たり前なんじゃないの? そうだろ?! 」

「…すみません。」

マァ平たく書くとボクが100%悪いし、客に対して三連休の間待っててねとしか取れないんですが、
この物件の図面納期は元々20日なのです。
チクショー、元の納期から一日早く出せてるのにこんなすごく怒られるのって不条理だぜ。
15日に出すって言ったのがそもそも間違ってたんですけど、それはいきさつで。
(作図の)外注に出して上がってくるのが15日っていう意味だったんだけど、
15日に現場監督に提出っていうふうに話がなってしまったので、仕方が無い。
アー、こういう不条理な叱られ方をするのがサラリーマンなんだぜ、
と切ない気持ちでちょっと仕事中抜け出して屋上で電子タバコを吸ってました。



それから、新卒で新入社員の積算課のYOさんていう女性が今日付けで退職しました。
一身上の都合ってことになってたけど、明日から別のグループ会社配属なんだそうです。
これは一身上の都合じゃなさそうだよなと思ったけど別に親しい訳でもなかったので
詳しいことは聞けず、ウチの会社最終日である今日の退社時間になりました。
社長と女性社員限定で挨拶してまわった後、なぜかボクの席に来て

「お世話になりました。」

って言われました。ビックリした。彼女はその後誰にも挨拶せずに退社しました。
あれ? ボク何か特別世話したっけ? 全く覚えがありません。
強いて言うなら、入社初日に「YOさん弁当頼みますか? 」って
弁当係のボクがYOさんに聞きに行ったことと、それを建て替えたことぐらいしか接点が無い。
なんでピンポイントで挨拶されたのか全然分からないまま、彼女は去って行ってしまいました。



そんな感じで職場は進んでおりましたが、家では坊が初めての一学期終業式。
とうとう、義務教育での裁断がはっきり示される「通知表」を持って帰ってきました。
なんか自分の息子が通知表持ってくるっていうのはスゲー恐ろしいっていうかなんていうか。
オオヤケの機関から「アンタの息子の人間的実力はコレです」っていうのをもらうんですよ?
これがビビらないでいられますか。
ただ、呑気な坊は通知表の重大さに全然気が付いていなくて、
学校だより気分でよこしてくれたんですけど、親としては超緊張するんですよ。

…優等生今の所。ふぅ。
「できた」「もうすこし」の2段階評価だったけど、全ての科目で「できた」で安心した。
バカじゃないもんな。それは分かっていたけどさ。
マァ、小学一年生の一学期なんて、そんなものかも知れないけど、
通知表っていうのは、よいしょやおべっかは無いはずなので、見るまでは緊張しました。




40代サラリーマン ブログランキングへ
posted by sogen at 23:41| Comment(2) | 就職した会社のこと

2016年07月04日

慣れたのか慣れないのか

7月!! 夏になっていた。どうも汗をかくと思った。
ちゅか、昨年8月21日から会社に勤め出したので、もうすぐ1年になります。
1年経って、会社でそれなりにポジションを得たかと考えると、
全くノーポジションです。
誰と特に仲良くなったとか無いし、活躍出来るほど能力が伸びるようなこともないし、
ムードメーカーになることも無いし、只々静かに控えめに、仕事をしてまいりました。
40過ぎてスタートラインについたような仕事だし、年齢が近いo主任は設計のエースだし、
1歳違いのYOさんなんて次長だからなぁ。
sogen平社員が次長になるのに、何年経てばいいのだ?
そしてこの新卒社員のような給料はいつ上がるのか。
…ってそんな考えで勤めている程度だから向上心が足りないんでしょうね。
アマエというか、なんというか。自覚はあるけど。
やりたくて突進するようなものが無いことの不幸さよ…

社会的に見て、ボクが持っている資格を並べてみると、

・中型自動車免許(旧普通自動車免許)
・フォークリフト
・玉掛
・CAD利用技術者試験2級
・建築CAD検定2級

…なんだ今のサッシ会社の設計に向いてる資格ばかりじゃん。
アー、なんか人生ってこんなモンなのかよ…
でも実際、年取ってもなんとか出来る仕事でオフィスワークっていう
ギリギリのセンをついた職業だから文句言っちゃいけないのかも知れない。
幼少の頃からプログラミングが大好きでしたので、もしIT関係の仕事でもしていたら、
40超えたら仕事がマトモに出来なくて苦しい思いをしたかも知れない。
…と、思っても20年近くIT現場やってたらヒトカドの人になってたかもなぁ。
人生はやり直せませんのでタラレバな空想してもなんの収穫も無いけども。

去年の今頃は無職の病み病みでネットでは転職情報とか派遣情報とかそんなことばかり
必死に検索していましたが、さすがに今年は政治・経済のことなんか、
日々チェックする感じになってきて、それなりにサラリーマンの地位に慣れて来た気がします。



ウチの会社でも社会人意識向上セミナーみたいなのやるらしく、
新入社員が研修だかセミナーに行かされるという話を聞いていて、
ヤダな、自分で経営やったことあるからもういいよそういうの、絶対反発心しか湧かないな、
とか思ってたら、新卒の新入社員2名だけが参加させられることになって、ちょっとほっとした。
新入社員には可哀そうだが、若いから従順に出来るさきっと。
ボクなんか途中でマジで「帰ります。自分で仕事やりますからいいです。」とか言いそうだ。




40代サラリーマン ブログランキングへ
posted by sogen at 23:15| Comment(0) | 就職した会社のこと