2016年08月20日

大事なことに気が付いた

入社してからとうとう満1年になった。
まともな研修も教育も無かったけども、それは40代の入社だからなのだと思った。
このぐらいの歳で入社するってことはキャリア積んだ業界関係者ぐらいなので
ボクみたいに職業訓練校でやっと建築の基礎知識を知った程度のヤツなどは
中途採用者では滅多にいないのでしょう。
今思うとなんで採用されたのかギモンです。
同じような建築関係の零細企業の設計の募集に3件ほど応募したが書類で落ちてますからなぁ。



建築業界に来て知ったこと。それは分業化だらけということです。
元請けのゼネコンが下請けの業者に発注します。
下請け業者とはウチのようなサッシ屋から設備屋、金物工事屋、下地屋、ボード屋、
左官屋、シール屋、木工屋、塗装屋、内装屋、ハツリ屋、トビ職…と無数にある。
それらがそれぞれの領域の仕事をするんですけど、
グレーな仕事が多くてこまる。ココはウチだけどココはドコがやるの? みたいなの。
そんな区分け知らないもんだから、それでミスすることが多いです。
そういうトコでミスすると金銭的な問題になるんです。
区分を管理するのがゼネコンの仕事なんだけど、ゼネコンも自分達が損しないように
ボク達下請けに押し付けてくることがあって、なんかイヤなんだな。



最近、ボクの担当現場の施工管理がYO次長からKU課長に代わって。
このKU課長は社内で絶対的信頼のある方ですが、仕事の鬼です。
ですが、ボクをちゃんと「建築業界初心者」として認識してくれている希少な人です。
なので丁寧に指示・教育をしてくれる。
やたらに下ネタのたとえ話が多いのがアレですが仕事はキチっとやるし、曖昧な所が無い人なので
ボクもやっとマトモに指導を受けつつ動けています。
この人が施工担当だと安心して動けるなぁ。



夏休みはヨメの実家に2泊3日で帰りました。
坊とも久しぶりに会いました。空港で出口に向かうロビーでボクを見つけて飛び出してきました。
まだまだ可愛いもんだと思いました。



…なんかこの日記的な出来事の羅列や、モヤっとした具体性のない文章はダメだなと思った。
自営業を廃業してこの方、いろんなものに興味や情熱を失ってしまって
ぐいぐいと面白いことをやっていく気力が少なくなっているのが原因だと思います。
今の会社の仕事が面白くて入れ込めればいいのでしょうけど、
あまり面白くないのが正直なところ。
かと言って金銭的にも時間的にもまとまったものが出来ないのもなんか中途半端。
昔書いていた文章の方がよっぽど面白かったな…と自覚しちゃうのにも困った。
本当に近年、武者震いなんか起きたことがないです。
人生は武者震いが起きるようなことが沢山あるのが幸せだと気が付いた。
日々の休暇を少しでも楽しむっていうのも悪くないけど、
もっと攻めるような何か…少しでも、とかでなくて超楽しいなにか…とか
そんなことを考えて日々悶々としています。




40代サラリーマン ブログランキングへ
posted by sogen at 12:08| Comment(2) | その他

2016年08月04日

ボーナス面談

2日前からヨメと坊がヨメ実家に帰省しておりまして、目下一人暮らしであります。
一人暮らしを満喫…って感じにはならない。
なぜなら、朝早く会社に行き夜遅く家に帰ったら、ゴハン食べて寝るだけに限りなく近いのです。
一人で気兼ねなくいろいろやりたいと思っても大した時間は無いのです。
それよりも帰ったら坊と(すぐ寝ちゃうんだけども)とりとめもない話をする方が
気が紛れてよかったなぁ、と思ったら少し寂しがりになったもんだと自覚した。



去年から担当している大型物件が、いろいろな事情とボクの力不足により
会社の信用を落としかねないほどトラブルが頻発しており、
工事担当のYO次長が担当を外れて実力者のKU課長が担当になるなどして
テコ入れが始まり、トラブル解消に向けて動き出したのです。
おかげで連日遅くまで仕事になり(と言っても9時前後ですけど)、
胃が痛くなる程のことはないけど「あ゛〜」などと会社の屋上で声を出してしまう程度に
精神にストレス掛かって来ています。
「終わらない現場は無い」んでしょうけど、なかなかシンドイです。
ボクに起因するトラブルは、まだ全然仕事が分かってない半年前ぐらいの時に
適当にスルーしてたことが原因で今オツリが来ているものなので本当に厄介です。
「だって、当時は分からなかったんだモン!! 」と叫びたくなるけど、
そうはいかないんだよ仕事は。



そんな中、今日はボーナス支給面談でした。
今年から夏のボーナスは7月から8月になりますとかいきなり決まって、それで今日面談。
面談はエラい人たちに囲まれて「仕事どうだ? 」というのを聞かれるヤツね。
ところでウチの場合、社長がオープンなんでしょうなぁ。

「査定にはA、AB、B、BC、Cとあって、Aが『とても良くやってる』で、Cは『できてない』なんだけどね、sogenさんは今回『ややできてない』のBCランクなんだけどもね。」

なんてことをハッキリ言う。
マァ正直なところ、がっかりしました。
職業訓練校ではトップをひた走る優等生だったのに、
こんな零細企業に『中の下』以下あたりを申し渡されるとは。
でもマァ、自覚はありますし、実際仕事出来ないから仕方ない。
それに業界未経験入社1年でAとかABみたいにアリアリと会社に貢献しているなんてことは
ありえないので妥当と言えば妥当なんです。
それに「若くも無いし」とか言われるので、それもツライものです。
若けりゃ中の下だろうがこれからどんどん伸びるっていう見解もあるんでしょうけど、
40代で入社して1年でコレぐらい、でもこれから伸びるかもな、なんて誰も思ってくれないでしょうな。
実に切ない中年のボーナス面談だった。
マァいいのさ、人生少しでも楽しく暮らせるようにすることと、
サラリーマン状態を打開するアイデアを考えること…
それには先立つものが必要なんですけど、なかなか積み立てられないのがツライです。
昨日通帳記入したら借金は残り200万であと4年で完済となってました。
ですが、それで毎月4万円の返済です。車買う値段ぐらいのがなかなか返せないんだぜ。
マイホーム買う人ってスゲーなぁ、と思うのです。




40代サラリーマン ブログランキングへ
posted by sogen at 23:20| Comment(2) | 就職した会社のこと

2016年08月01日

もうすぐ満1年

8月ダー。
ちゅか、7月、記事2つしか書かなくて、ブロガー(と言えるレベルではないですが)
としてはダメダメでした。
なんだろ、忙しくなったと言えば、それほどでもないんですが局地的に忙しい日もあるし、
なかなか難しい打合せや手配などの采配を自分で判断してやらなければならない時もあるし、
そんなのが数日続くとえづいてしまって昼ご飯がほとんど食べられないようなストレスも出てくるし、
屋上で束の間の電タバ休憩の時にやっぱり会社勤めはイヤだなぁと激しく気持ちが落ち込み、
「あ゛〜」とため息が漏れる時もちょいちょいあります。
だがしかし残業代は出ないので、月々の収入は固定給であり、
全てが家賃・生活費・借金返済だけでサッパリと消えていくだけ。
今の仕事のやりがいってどこにあるんですか? と、誰にともなく問いかける。
でも業界未経験者の新人であることは変わらないし、
おかげで仕事は大して難しいことは出来ず43歳にして底辺のsogen平社員であります。
同期は3年で帰国するベトナム人2人だし、昨年10月あたりに縁故で採用されたFUさんは辞めるし、
今年4月に入社した新入社員YOさんは別のグループ会社に異動したし、
同じく新入社員のMIさんは別の事業に駆り出されて地方に赴任してしまっており、
結局ボクは1年経っても会社の中で一番下っ端という状態が変わらないのです。



別に誰も気が付いてないようですが、8月20日で入社満1年なんですね。
マジで誰も気が付いてないと思った。
設計課のボスのYO次長が「sogenさんはもう何年目だっけ? 」とか言うのさ。
そんな中、ガン治療中の為やや本調子ではないけど設計課の上司であるMA主任が今日唐突に言った。

「sogenさん、今月で1年じゃない? 」

そそ、そうなんですよホントホント!! 今月20日で入社満1年なんですよぉ!!
MAさんだけじゃないですかボクの入社時期を覚えてくれていたのは。
MAさんは他部署に対しては超辛辣だけど、設計課の仲間にはすごく優しいんだよな。

「sogenさんが満1年だからYOさんのオゴリでお祝いにいくでしょ? 」

「エー? 」

…MAさんの戯言だか本気だかにたいしてYO次長の返事は曖昧です。
思えばYO次長におごってもらったことも誘われて飲みに行ったことも無いです。
ウチのボスは変人だから、部下の面倒の見方がこんなモンです。別にいいです。



明日からヨメと坊はヨメの実家に帰省します。
ボクの会社の夏休みは来週木曜日の「山の日」から6日間です。
ヨメも坊も明日会社から帰って来ても居ないんだな…
仕事でツライ時も家に帰れば家族が居るから気が紛れてたと思うんですね。
それが明日からしばらく無いのは、ちょっと寂しい。
よくそういう情勢ですと「羽伸ばせるじゃん」とか言われますけどね。
一人ならでは、で、考えてみたらやることが無いんだよな。
今だに使ってるPS2と小説本と映画のDVDぐらいですかね。




40代サラリーマン ブログランキングへ
posted by sogen at 23:40| Comment(0) | 就職した会社のこと